2020年度

論文・総説

Induction of metallothionein isoforms in cultured bovine aortic endothelial cells exposed to cadmium

Tomoya Fujie, Yusuke Ozeki, Fukuta Takenaka, Misaki Nishio, Takato Hara, Yasuyuki Fujiwara, Chika Yamamoto, and Toshiyuki Kaji,

The Journal of Toxicological Sciences, In Press.

カドミウムに曝露したウシ大動脈内皮細胞におけるメタロチオネインのアイソフォームを分析しました。

​6

Cell density-dependent accumulation of low polarity gold nanocluster in cultured vascular endothelial cells

Takato Hara, Misato Saeki,  Yuichi Negishi, Toshiyuki Kaji, and Chika Yamamoto

The Journal of Toxicological Sciences, In Press.

グルタチオン保護金ナノクラスターの血管内皮細胞内への蓄積は細胞密度によって調節されることを明らかにしました。

5

Transcriptional induction of cystathionine γ-lyase, a reactive sulfur-producing enzyme, by copper diethyldithiocarbamate in cultured vascular endothelial Cells

Tomoya Fujie, Akane Takahashi, Musubu Takahashi, Takato Hara, Asuka Soyama, Kosho Makino, Hideyo Takahashi, Chika Yamamoto, Yoshito Kumagai, Hiroshi Naka, and Toshiyuki Kaji

International Journal of Molecular Sciences, 21, 6053, 2020.

血管内皮細胞においてジエチルジチオカルバメート銅錯体​が活性イオウ産生酵素CSEを転写誘導することを明らかにしました。

4

Nucleolin positively regulates spontaneous cell proliferation but is not involved in inhibition of proliferation by lead in cultured bovine aortic endothelial cells

Tsutomu Takahashi, Yuka Takagi, Yuta Honma, Yo Shinoda, Yayoi Tsuneoka, Takato HaraChika Yamamoto, Toshiyuki Kaji, and Yasuyuki Fujiwara

Fundamental Toxicological Sciences, 7, 233-239, 2020.

​ヌクレオリンが内皮細胞の増殖を制御する因子であること,および鉛による内皮細胞の増殖抑制にはヌクレオリンは関与しないことを明らかにしました。

3

Cell density-dependent fibroblast growth factor-2 signaling regulates syndecan-4 expression in cultured vascular endothelial cells

Takato Hara, Shiori Yabushita, Chika Yamamoto, and Toshiyuki Kaji

International Journal of Molecular Sciences, 21, 3698, 2020.

FGF2が血管内皮細胞の細胞密度に依存してシンデカン-4の発現を誘導することを明らかにしました。

2

Nuclear factor erythroid 2-related factor 2 (NRF2) is a negative regulator of tissue plasminogen activator synthesis in cultured human vascular endothelial EA.hy926 cells

Tsutomu Takahashi, Tsuyoshi Nakano, Go Katoh, Yo Shinoda, Chika Yamamoto, Eiko Yoshida, Toshiyuki Kaji, and Yasuyuki Fujiwara

The Journal of Toxicological Sciences, 45, 237-243, 2020.

ヒト血管内皮細胞においてNrf2はt-PAの合成を負に制御する転写因子であることを明らかにしました。

1

学会発表

11.

亜ヒ酸による免疫系細胞の血液凝固促進因子と線溶抑制因子の発現誘導

中野毅,荒木祐美,高橋勉,山本千夏,鍜冶利幸,藤原泰之

フォーラム2020:衛生薬学・環境トキシコロジー,  オンライン,  2020/09

10.

TGF-β1によるカドミウムの内皮細胞毒性の増強とその機構

藤江智也,下村正裕,鍜冶利幸,山本千夏

フォーラム2020:衛生薬学・環境トキシコロジー,  オンライン,  2020/09

9.

カドミウムによる血管内皮細胞のメタロチオネインアイソフォームの誘導

尾﨑勇介,藤江智也,竹中福太,山本千夏,鍜冶利幸

フォーラム2020:衛生薬学・環境トキシコロジー,  オンライン,  2020/09

8.

TGF-β1による血管内皮細胞の活性イオウ分子産生酵素発現誘導

◎髙𣘺結,藤江智也,高橋茜,山本千夏,鍜冶利幸

フォーラム2020:衛生薬学・環境トキシコロジー,  オンライン,  2020/09

7.

FGF-2による血管内皮細胞の活性イオウ分子産生酵素CSEの発現誘導

◎久保田采佳,髙𣘺結,藤江智也山本千夏,鍜冶利幸

フォーラム2020:衛生薬学・環境トキシコロジー,  オンライン,  2020/09

6.

5価有機アンチモン化合物の細胞内蓄積量非依存的な血管内皮細胞毒性

原崇人,中野志保子,北村有希,山本千夏,安池修之,鍜冶利幸

フォーラム2020:衛生薬学・環境トキシコロジー,  オンライン,  2020/09

5.

血管内皮細胞におけるシンデカン -1およびシンデカン -4の発現調節のクロストーク

◎佐藤有紗,原崇人山本千夏,鍜冶利幸

フォーラム2020:衛生薬学・環境トキシコロジー,  オンライン,  2020/09

4.

血管内皮細胞毒性を傷害する亜鉛錯体の構造活性相関

藤江智也,山本太郎,山本千夏,鍜冶利幸

第47回日本毒性学会学術年会,  オンライン,  2020/06

3.

CHSY1の発現誘導を介したカドミウムによる内皮細胞毒性の増強とビグリカン合成の変化

原崇人松浦将吾相川恵太鬼澤秀太吉田真衣,鍜冶利幸,山本千夏

第47回日本毒性学会学術年会,  オンライン,  2020/06

2.

血管内皮細胞及びマクロファージ様細胞の血液凝固線溶系に対する亜ヒ酸の作用

◎中野毅,荒木裕美,高橋勉,山本千夏,鍜冶利幸,藤原泰之

第47回日本毒性学会学術年会,  オンライン,  2020/06

1.

TGF-βによる培養血管内皮細胞の活性イオウ分子産生酵素の発現調節を担う細胞内シグナル経路

◎髙𣘺結,藤江智也,高橋茜,山本千夏,鍜冶利幸

第47回日本毒性学会学術年会,  オンライン,  2020/06

東邦大学 薬学部 衛生化学教室

〒274-8510 千葉県 船橋市 三山 2-2-1 薬学部 D館 3F
Department of Environmental Health, Facultyl of Pharmaceutical Sciences, Toho University.

Copyright (c) 2020 Chika Lab. All Rights Reserved.