東邦大学 薬学部 衛生化学教室

〒274-8510 千葉県 船橋市 三山 2-2-1 薬学部 D館 3F
Department of Environmental Health, Facultyl of Pharmaceutical Sciences, Toho University.

Copyright (c) 2020 Chika Lab. All Rights Reserved.

2018年度

論文・総説

5

Urinary trimethyl tin reflects blood trimethyl tin in workers recycling organotins

Gaku Ichihara, Mayu Iida, Eri Watanabe, Tomoya Fujie, Toshiyuki Kaji, Eunmi Lee, and Yangho Kim

Journal of Occupational Health, 61, 257-260, 2019.

スズ再生工場従業員の尿中トリメチルスズ量が血中トリメチルスズ量を反映することを明らかとしました。

4

Bis(1,4-dihydro-2-methyl-1-phenyl-4-thioxo-3-pyridiolato)zinc(II) exhibits strong cytotoxicity and a high intracellular accumulation in cultured vascular endothelial cells

Tomoya Fujie, Taro Yamamoto, Chika  Yamamoto, and Toshiyuki  Kaji  

The Journal of Toxicological Sciences, 44, 113-120, 2019.

亜鉛錯体Bis(1,4-dihydro-2-methyl-1-phenyl-4-thioxo-3-pyridiolato)zinc(II)が内皮細胞を傷害して細胞内に高く蓄積していることを明らかにしました。

3

A zinc complex that suppresses the expression of a reactive sulfur species-producing enzyme, cystathionine γ-lyase, in cultured vascular endothelial cells

Akane Takahashi, Musubu Takahashi, Tomoya FujieTakato Hara, Eiko Yoshida, Chika  Yamamoto, and Toshiyuki  Kaji  

Fundamental Toxicological Sciences, 5, 181-184, 2018.

活性イオウ産生酵素CSEの発現を抑制する亜鉛錯体を発見しました

2

Structure-activity relationship of [1,5]azastibocines in cytotoxicity to vascular endothelial cells

Takato  Hara, Yoshihiro  Nonaka, Shuji  Yasuike, Toshiyuki  Kaji,  and Chika  Yamamoto

The Journal of Toxicological Sciences, 43, 735-740, 2018.

[1,5]azastibocine骨格をもつ有機金属化合物の部分構造の違いが内皮細胞毒性に及ぼす影響を明らかにしました。

1

Copper(II) bis(diethyldithiocarbamate) induces the expression of syndecan-4, a transmembrane heparan sulfate proteoglycan, via p38 MAPK activation in vascular endothelial cells

Takato  Hara, Hiroko Tatsuishi, Tomomi Banno, Tomoya Fujie, Chika Yamamoto, Hiroshi Naka, and Toshiyuki Kaji

International Journal of Molecular Sciences, 19, 3302, 2018.

銅ジエチルジチオカルバメート錯体が内皮細胞においてp38 MAPKの活性化を介してシンデカン-4の発現を誘導することを明らかにしました。

Please reload

学会発表

32.

フェナントロリン亜鉛錯体による内皮細胞選択的な増殖の促進

藤江智也, 森光弘, 原崇人, 鍜冶利幸, 山本千夏

日本薬学会第139年会, 千葉,  2019/3

31.

血管内皮細胞デルマタン硫酸糖鎖の合成に対するカドミウムの作用

原崇人, 松浦将吾, 吉田真衣, 鍜冶利幸, 山本千夏

日本薬学会第139年会, 千葉,  2019/3

30.

グルタチオン保護金クラスターによる内皮細胞密度依存的なプロテオグリカン合成の制御

佐伯文聡, 原崇人, 根岸雄一, 山本千夏, 鍜冶利幸

日本薬学会第139年会, 千葉,  2019/3

​【学生優秀発表賞 受賞】

29.

鉛による血管内皮細胞の活性イオウ分子合成酵素CSE発現の誘導

藤江智也, 宇田川直利, ◎山本千夏, 鍜冶利幸

日本薬学会第139年会, 千葉,  2019/3

28.

血管内皮細胞のメタロチオネイン誘導における活性イオウ分子産生酵素の役割

◎遠藤広貴, 藤江智也, 山本千夏, 鍜冶利幸

日本薬学会第139年会, 千葉,  2019/3

27.

活性イオウ分子産生酵素CSEの遺伝子発現を解析するツールとしての銅錯体

◎髙橋茜, 髙𣘺結, 藤江智也, 原崇人, 山本千夏, 鍜冶利幸

日本薬学会第139年会, 千葉,  2019/3

26.

カドミウムの内皮細胞毒性に対するマンガンの同時および前処理の影響

藤江智也, 阿部桃佳, 安藤麗華, ◎山本千夏, 鍜冶利幸

メタルバイオサイエンス研究会2018, 仙台,  2018/11

25.

ジチオカルバメート金属錯体を活用した内皮細胞選択的なメタロチオネイン発現の誘導

藤江智也, 伊原慎二郎, 土田あずさ, 中寛史, 鍜冶利幸, 山本千夏

メタルバイオサイエンス研究会2018, 仙台,  2018/11

24.

血管内皮細胞のメタロチオネイン誘導機構解析における有機-無機ハイブリッド分子の活用

◎竹中福太, 吉田映子, 藤江智也, 山本千夏, 鍜冶利幸

メタルバイオサイエンス研究会2018, 仙台,  2018/11

23.

血管内皮細胞において活性イオウ産生酵素群の発現を制御する有機-無機ハイブリッド分子の探索

◎髙橋茜, 藤江智也, 原崇人, 中村武浩, 吉田映子, 川崎直人, 山本千夏, 鍜冶利幸

メタルバイオサイエンス研究会2018, 仙台,  2018/11

22.

ヒ酸による血管内皮細胞のNrf2経路を介したt-PA合成阻害

◎中野毅, 高橋勉, 恒岡弥生, 篠田陽, 山本千夏, 鍜冶利幸, 藤原泰之

メタルバイオサイエンス研究会2018, 仙台,  2018/11

21.

血管内皮細胞選択的に増殖を促進するフェナントロリン亜鉛錯体

藤江智也, 森光弘, 原崇人, 鍜冶利幸, 山本千夏

第6回メタロミクス研究フォーラム(同時開催プラズマ分光分析研究会 第104回講演会), 東京,  2018/11

20.

[1,5]Azastibocine類の置換基により修飾される血管内皮細胞傷害

原崇人, 野中義弘, 安池修之, 鍜冶利幸, 山本千夏

第6回メタロミクス研究フォーラム(同時開催プラズマ分光分析研究会 第104回講演会), 東京,  2018/11

19.

血管内皮細胞の線溶系に対する亜ヒ酸の阻害作用

◎中野毅, 高橋勉, 恒岡弥生, 篠田陽, 山本千夏, 鍜冶利幸, 藤原泰之

第6回メタロミクス研究フォーラム(同時開催プラズマ分光分析研究会 第104回講演会), 東京,  2018/11

18.

[1,5]Azastibocine 類の血管内皮細胞傷害における構造活性相関

原崇人, 野中義弘, 安池修之, 鍜冶利幸, 山本千夏

フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー,  佐世保,  2018/09

17.

内皮細胞および血管平滑筋細胞の増殖におけるフェナントロリン亜鉛錯体の構造活性相関

森光弘, 藤江智也, 原崇人, 中村武浩, 川崎直人, 鍜冶利幸, 山本千夏

フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー,  佐世保,  2018/09,  新人賞候補者プレゼンテーション

16.

鉛による内皮細胞の活性イオウ分子合成関連酵素の発現異常

宇田川直利, 藤江智也, 熊谷嘉人, 鍜冶利幸, 山本千夏

フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー,  佐世保,  2018/09

15.

有機-無機ハイブリッド分子を活用した血管内皮細胞のメタロチオネイン転写発現誘導機構の解析

◎竹中福太, 吉田映子, 藤江智也, 鍜冶利幸

フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー,  佐世保,  2018/09

14.

血管内皮細胞を障害する亜鉛錯体Zn-(hmphenpyr-thione)2の構造活性相関

小寺佑樹, 山本太郎藤江智也, 中村武浩, 川崎直人, 鍜冶利幸, 山本千夏

フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー,  佐世保,  2018/09

13.

ジエチルジチオカルバメート錯体による細胞種に依存したメタロチオネイン発現誘導

伊原慎二朗, 土田あずさ藤江智也, 中寛史, 鍜冶利幸, 山本千夏

フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー,  佐世保,  2018/09

12.

亜ヒ酸による血管内皮細胞における線溶活性抑制機構

◎中野毅, 高橋勉, 加藤剛, 恒岡弥生, 篠田陽, 山本千夏, 鍜冶利幸, 藤原泰之

フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー,  佐世保,  2018/09,  優秀若手研究者賞受賞

11.

マンガンの同時および前処理によるカドミウムの内皮細胞毒性の防御

藤江智也, 阿部桃佳, 安藤麗香, 山本千夏, 鍜冶利幸

フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー,  佐世保,  2018/09

10.

プリン受容体を介した血管内皮細胞のパールカンの転写誘導

◎富永麻友, 吉田映子, 月本光俊, 原崇人山本千夏, 鍜冶利幸

フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー,  佐世保,  2018/09

9.

カドミウムの内皮細胞毒性は重金属の相互作用により修飾される

藤江智也

衛生薬学・環境トキシコロジー若手研究者の会 フォーラム2018プレシンポジウム,  佐世保,  2018/09

8.

血管内皮細胞における鉛の活性イオウ分子合成関連酵素の発現異常

藤江智也, 宇田川直利, 山本千夏, 鍜冶利幸

第5回東京環境健康薬学研究会,  東京,  2018/09

7.

カドミウムの内皮細胞毒性を修飾する重金属の相互作用

藤江智也, 山本千夏, 鍜冶利幸

第5回東京環境健康薬学研究会,  東京,  2018/09,  特別講演

6.

内皮細胞を障害するピリチオン型亜鉛錯体の構造活性相関

山本太郎, 小寺佑樹藤江智也, 山本千夏

第5回東京環境健康薬学研究会,  東京,  2018/09,  優秀発表賞受賞

5.

内皮および血管平滑筋細胞の増殖における亜鉛錯体Zn-DMPの構造活性相関

森光弘, 藤江智也, 原崇人, 山本千夏

第5回東京環境健康薬学研究会,  東京,  2018/09,  優秀発表賞受賞

4.

血管内皮細胞特異的にプロテオグリカン合成を調節する亜鉛錯体

原崇人酒巻沙弥香,中村武浩,山本千夏,鍜冶利幸

第45回日本毒性学会学術年会,  大阪,  2018/07

3.

カドミウムによる鉛の内皮細胞毒性の増強

藤江智也忍勇太朗,鍜冶利幸,山本千夏

第45回日本毒性学会学術年会,  大阪,  2018/07

2.

血管内皮細胞のメタロチオネイン転写誘導機構の解析への有機-無機ハイブリッド分子の活用

◎竹中福太,吉田映子,藤江智也山本千夏,藤原泰之,熊谷嘉人,鍜冶利幸

第45回日本毒性学会学術年会,  大阪,  2018/07

1.

亜ヒ酸による血管内皮細胞株EA.hy926細胞における線溶活性の抑制

◎中野毅,高橋勉,吉田映子,恒岡弥生,篠田陽,山本千夏,鍜冶利幸,藤原泰之

第45回日本毒性学会学術年会,  大阪,  2018/07

Please reload