東邦大学 薬学部 衛生化学教室

〒274-8510 千葉県 船橋市 三山 2-2-1 薬学部 D館 3F
Department of Environmental Health, Facultyl of Pharmaceutical Sciences, Toho University.

Copyright (c) 2020 Chika Lab. All Rights Reserved.

2016年度

論文・総説

9

Toxicology of organic-inorganic hybrid molecules: Bio-organometallics and its toxicology

Tomoya Fujie, Takato Hara, and Toshiyuki  Kaji

The Journal of Toxicological Sciences, 41 (special issue), SP81-SP88, 2016

​バイオオルガノメタリクス研究とその毒性学についてまとめた総説です。

8

Induction of syndecan-4 by organic-inorganic hybrid molecules with 1,10-phenanthroline structure in cultured vascular endothelial cells

Takato Hara, Takayuki Kojima, Hiroka Matsuzaki, Takehiro Nakamura, Eiko Yoshida, Yasuyuki Fujiwara, Chika Yamamoto, Shinichi Saito, andToshiyuki  Kaji

International Jouronal of Molecular Sciences, 18, 352, 2017

1,10-フェナントロリンを骨格にもつ有機金属化合物が内皮細胞のシンデカン-4を誘導することを明らかにしました。

7

Transforming growth factor-β1 modulates the expression of syndecan-4 in cultured vascular endothelial cells in a biphasic manner

Takato Hara, Eiko Yoshida, Yasuyuki Fujiwara, Chika Yamamoto, and Toshiyuki Kaji

Journal of Cellular Biochemistry, 118, 2009-2017, 2017

TGF-β1が内皮細胞においてシンデカン-4の発現を二相性に調節することを明らかにしました。

6

Biglycan intensifies ALK5-Smad2/3 signaling by TGF-β1 and downregulates syndecan-4 in cultured vascular endothelial cells

Takato Hara, Eiko Yoshida, Yasuhiro Shinkai, Yasuyuki Fujiwara, Chika Yamamoto, Yoshito Kumagai, and Toshiyuki Kaji

Journal of Cellular Biochemistry, 118, 1087-1096, 2017

内皮細胞においてTGF-β1によるALK5-Smad2/3経路の活性化をビグリカンが増強してシンデカン-4の発現を抑制することを明らかにしました。

5

Magnetic resonance imaging of leukoencephalopathy in amnestic workers exposed to organotin

Eunmi Lee, Ji E Park, Mayu Iida, Tomoya Fujie, Toshiyuki Kaji, Gaku Ichihara, Young C Weon, and Yangho Kim

Neuro Toxicology, 57, 128-135, 2016

可逆性の記憶喪失を訴えたスズ精製工場作業員の前頭前野周囲脳室白質および脳梁において白質脳症が認められたことを報告しました。

4

Transcriptional induction of metallothionein by tris(pentafluorophenyl)stibane in cultured bovine aortic endothelial cells

Tomoya Fujie, Masaki Murakami, Eiko Yoshida, Shuji Yasuike, Tomoki Kimura, Yasuyuki Fujiwara, Chika Yamamoto, and Toshiyuki  Kaji

International Jouronal of Molecular Sciences, 17, 1381, 2016

有機アンチモン化合物トリス(ペンタフルオロフェニル)スチバンが内皮細胞のメタロチオネインを誘導することを明らかにしました。

3

Cytotoxicity of zinc, copper and rhodium complexes with 1,10-phenanthroline or 2,9-dimethyl-1,10-phenanthroline in cultured vascular endothelial cells

Takato Hara, Hiroka Matsuzaki, Takehiro Nakamura, Eiko Yoshida, Takanori Ohkubo, Hiroki Maruyama, Chika Yamamoto, Shinichi Saito, and Toshiyuki  Kaji

Fundamental Toxicological Sciences, 3, 109-113, 2016

1,10-フェナントロリンを骨格とする亜鉛・銅・ロジウム化合物の内皮細胞傷害性を比較検討しました。

2

Induction of metallothionein isoforms by copper diethyldithiocarbamate in cultured vascular endothelial cells

Tomoya Fujie, Yukino Segawa, Eiko Yoshida, Tomoki Kimura, Yasuyuki Fujiwara, Chika Yamamoto, Masahiko Satoh, Hiroshi Naka, and Toshiyuki  Kaji

The Journal of Toxicological Sciences, 41, 225-232, 2016

ジエチルジチオカルバメート銅錯体が内皮細胞においてメタロチオネインを誘導することを明らかにしました。

1

Zinc diethyldithiocarbamate as an inducer of metallothionein in cultured vascular endothelial cells

Tomoya Fujie, Yukino Segawa, Akane Uehara, Takehiro Nakamura, Tomoki Kimura, Eiko Yoshida, Chika Yamamoto, Masanobu Uchiyama, Hiroshi Naka, and Toshiyuki Kaji

The Journal of Toxicological Sciences, 41, 217-224, 2016

ジエチルジチオカルバメート亜鉛体が内皮細胞におけるメタロチオネインの誘導剤であることを明らかとしました。

Please reload

学会発表

35.

FGF-2による内皮細胞のプロテオグリカン合成の調節

原崇人,薮下栞,吉田映子,鍜冶利幸

日本薬学会第137年会,  仙台,  2017/03

34.

血管内皮細胞メタロチオネイン誘導機構解析ツールとしての有機-無機ハイブリッド分子

藤江智也

東京理科大学総合研究院バイオオルガノメタリクス研究部門研究交流会,  東京,  2017/03

33.

1,10-phenanthroline構造をもつ有機金属化合物による血管内皮細胞シンデカン-4の発現誘導

原崇人

東京理科大学総合研究院バイオオルガノメタリクス研究部門研究交流会,  東京,  2017/03

32.

1,10-Phenanthroline構造を有するハイブリッド分子による血管内皮細胞プロテオグリカン合成の発現制御

原崇人,中村武浩,吉田映子,斎藤慎一,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

31.

有機ロジウム化合物を活用した血管内皮細胞パールカン発現制御機構の解明への試み

松崎紘佳,原崇人,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,斉藤慎一,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

30.

カドミウムの内皮細胞毒性を軽減するヘパラン硫酸プロテオグリカン分子種

◎風見麻依,吉田映子,原崇人山本千夏,藤原泰之,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

29.

カドミウムの内皮細胞毒性を軽減するヘパラン硫酸プロテオグリカン分子種

◎薮下栞,原崇人,吉田映子,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

28.

培養血管平滑筋細胞においてVersican合成を抑制する銅錯体

山本千夏,奥山聡美,入亮秀,大野木聡美,小林裕太,藤江智也,吉田映子,中寛史,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

27.

無機亜鉛および亜鉛錯体を活用した血管内皮細胞メタロチオネイン誘導の特性解析

藤江智也,中寛史,瀬川雪乃,上原茜,中村武浩,木村朋紀,吉田映子,内山真伸,山本千夏,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

26.

有機錫廃棄物から金属錫を抽出する工場で働く労働者の尿中スズ化合物の形態別分析

◎飯田麻佑,市原学、渡邊英里,藤江智也,鍜冶利幸,Eunmee Lee,Young Cheol Weon,Yangho Kim

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

25.

ジチオカルバメート銅錯体による血管内皮細胞のプロテオグリカン発現調節

◎立石紘子,原崇人藤江智也,吉田映子,山本千夏,中寛史,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

24.

TGF-β1による血管内皮細胞メタロチオネイン遺伝子の転写誘導機構の解明

◎土田翼,藤江智也,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

23.

銅錯体による血管内皮細胞における線溶活性の抑制

◎沖野詩織,藤江智也,吉田映子,山本千夏,中寛史,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

22.

血管平滑筋細胞のデコリンによりTGF-βシグナルを介したビグリカンの発現調節

◎小川安曇,原崇人,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,鍜冶利幸

フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー,  東京,  2016/09

21.

培養血管平滑筋細胞においてバーシカン合成を抑制する銅錯体

奥山聡美入亮秀山本千夏

第3回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2016/08

20.

1,10-Phenanthroline構造を有するハイブリッド分子による血管内皮細胞のプロテオグリカン分子種の発現調節

原崇人,中村武浩,吉田映子,斎藤慎一,鍜冶利幸

第3回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2016/08

19.

MC3T3-E1細胞におけるTGF-βによる破骨細胞分化誘導に及ぼすイソラムネチンとケルセチンの影響

宍倉真理松本千紗,桐生道明,山本千夏

第3回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2016/08

18.

血管細胞のパールカン発現を抑制する有機ロジウム化合物の分子機構解明への試み

◎松崎紘佳,原崇人,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,斎藤慎一,鍜冶利幸

第3回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2016/08

17.

t-PA産生の増加を介して血管内皮細胞線溶活性を上昇させる亜鉛錯体

浅沼祥子山本千夏

第3回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2016/08

16.

MC3T3-E1細胞におけるTNF-αによる骨芽細胞分化抑制に対するイソラムネチンとケルセチンの影響

池田大河,桐生道明,山本千夏

第3回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2016/08

15.

ジチオカルバメート錯体による血管平滑筋細胞のメタロチオネイン誘導

二宮早紀藤江智也山本千夏

第3回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2016/08

14.

カドミウムの内皮細胞毒性に対する防御因子としてのヘパラン硫酸プロテオグリカン分子種

◎風見麻依,吉田映子,原崇人,鍜冶利幸

第3回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2016/08

13.

血管内皮細胞におけるFGF-2によるシンデカン-4発現誘導機構

◎薮下栞,原崇人,吉田映子,鍜冶利幸

第3回東京環境健康薬学研究会,  千葉,  2016/08

12.

血管内皮細胞において線溶活性を抑制する銅錯体

◎沖野詩織,藤江智也,吉田映子,山本千夏,中寛史,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

11.

メチル水銀によるJurkat細胞のパーフォリン/グランザイムB経路およびそれを担う分子基盤

◎金純子,吉田映子,藤江智也山本千夏,藤原泰之,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

10.

鉛に曝露した血管内皮細胞におけるパールカン遺伝子の発現抑制

◎熊谷玲衣奈,原崇人,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

9.

内皮細胞のパールカン発現調節機構の解析ツールとしての有機ロジウム化合物

◎松崎紘佳,原崇人,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,斉藤慎一,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

8.

血管細胞の増殖を抑制するジチオカルバメート銅錯体

◎千野瑞季,吉田映子,藤江智也,中村武浩,藤原泰之,山本千夏,中寛史,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

7.

TGF-β1による血管内皮細胞メタロチオネイン遺伝子の転写誘導

◎土田翼,藤江智也,吉田映子,山本千夏,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

6.

有機錫廃棄物から金属錫を抽出する工場で働く労働者の尿中スズ化合物の形態別分析

◎飯田麻佑,市原学、渡邊英里,藤江智也,鍜冶利幸,Eunmee Lee,Young Cheol Weon,Yangho Kim

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

5.

カドミウムによる内皮細胞毒性を軽減するヘパラン硫酸プロテオグリカン分子種

◎風見麻依,吉田映子,原崇人山本千夏,藤原泰之,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

4.

メチル水銀はRAW264.7細胞においてTNF-αの発現を誘導する

◎佐々木優,吉田映子,藤江智也,藤原泰之,山本千夏,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

3.

血管平滑筋細胞においてデコリンはTGF-βシグナルを介してビグリカンの発現を調節する

◎小川安曇,原崇人,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

2.

金属導入による1,10-Phenanthrolineの血管内皮細胞プロテオグリカン合成発現誘導の制御

原崇人,松崎紘佳,中村武浩,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,内山真伸,斉藤慎一,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

1.

銅錯体による血管内皮細胞メタロチオネイン誘導を介在する亜鉛輸送体ZIP7の発現誘導

藤江智也,森田遥香,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,中寛史,鍜冶利幸

第43回日本毒性学会学術年会,  愛知,  2016/07

Please reload